cutcutcutカメラアプリの使い方・加工のやり方まとめ【Cut Cut – Cutout & Photo Background Editor】

アプリ
スポンサーリンク

カメラ加工アプリのCutCut-Cutout&Photo Background Editorの使い方をまとめました。どうやって変するのかを画像付きで詳しく解説!実際に使用した口コミあります。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

加工の仕方①

加工の仕方①ではアプリに入っている背景を使用して加工するやり方を説明します。
※広告が音も一緒に流れるので音量を消すのがおすすめです

①アプリを起動したら画面したに3つの選択項目がでるのでハサミのマークをクリック

②背景が選び適用をクリック
最初は何もダウンロードされていないので↓このマークを押してダウンロードします。ダウンロードが完了したら右上の×マークを押すと戻ります。

③背景に加工したい写真を選びます

④背景に加工する写真を切り抜く編集をします
●左から2番目のマークを押すと枠がでてくるので切り抜きたい部分に合わせ、真ん中のマークを押すと切り抜かれる部分が赤く色づきます。右のチェックマークをクリック。

赤く色づく場所が背景に残ります。

 

●切り抜きたい部分の微調整をします。
画像左側のようにはみ出した赤を消したり、足りない部分を足しています。ハサミマークをクリックして画像の切り抜きたい部分をなぞると同じように赤くなります。逆に消したい場所は消しゴムのマークをクリックするできます。調整ができたらチェックマークをクリック。

※ポイント※
赤い部分はギリギリまでか少し内側になってもOKです。おおざっぱでもある程度認識して反映してくれるようです。一回り大きく赤い部分を残してしまうといらない背景が多く映ってしまうので気持ち内側がオススメです。

 

⑤背景に切り抜いた写真を加工していきます。
右上:反転
左上:消去
左下:微調整
右下:サイズ変更

写真を載せた上でさらに消したい場所は、枠左下のマークを押すと不透明度や消しゴムのマークが出てくるので調整できます。消しゴムのマークはハードとソフトがありますがソフトで消すのがオススメです。

⑥微調整ができたらチェックマークをクリックして完成です!!

加工は指でもできますが、ペンがあるとより綺麗に調整できます。選択するのはおおざっぱでOKなのでそこまで神経質にならない方が上手くいきました。ちなみに私が使用しているペンは100均です。

スポンサーリンク



加工の仕方②

次に、背景も自分で持っている画像で加工する場合のやり方を説明します。マーク等は先ほどと何も変わらないので画像は少な目で端折っていきます。

①ハサミのマークをクリック

②インポートをクリック

③背景と潜在顧客の選択肢(切り抜く写真)の画像を選択。
決定したらハサミのマークをクリック

④ここからは先ほどの切り抜く調整と背景に載せて調整するのと同様の作業をすればOKです!

ちなみに下記が画像のようにスタンプ替わりに何個もつけたい場合は、背景に切り抜いた写真を載せた画面下にある□が二つ重なったマークをクリックすると複製されます。

口コミ・評価

切り抜きの写真を加工する場合結構適当な感じが多かったのでこれだけ綺麗にできれば満足感は味わえるかと思います。編集も一度慣れてしまえば簡単にできますし、保存もきちんとされています。

要望を言えば、無料の背景画像をもっと増やしてくれると嬉しいなと思います。こちらのアプリはまだリリースされたばかりなのでこれから利用者が増えれば追加される可能性も高いかな?一般的な画像の編集もできますが、そこまで性能は良くないのでこだわりたい方は別の編集アプリで加工していから切り抜きのみでこちらのアプリを使用するのが良いと思います。

一番のマイナス点は広告の多さと音も出るので最初驚いてしまいました(笑)ですが、無料で機能が使えるので広告は仕方のないことかと諦めるのが良いかと思います。