エシャレットが便秘改善に効く!レシピや食べ方も紹介

たけしの家庭の医学5月15日放送で紹介された便秘改善に効くエシャレットが紹介されました!エシャレットは便秘解消に効果的と言われる理由とともに、番組で紹介されたエシャレット餃子の作り方までお紹介します。便秘解消に効く最新食材エシャロットとは!

スポンサーリンク



 エシャレットが便秘改善に効くのはなぜ?

よく便秘はお肌や体調にも悪いと言われていますが、なんと慢性的な便秘は脳梗塞や心筋梗塞にも影響があると最近の研究で発表されています。これはショックですよね・・・。

便秘といえば食物繊維等が上げられますが、今回は食物繊維ではなく胆汁酸がポイントです!胆汁酸とは誰もが身体の中に持っている消化液のことで、多く出せる人ほど大腸の機能を活発にさせ排便を促します。そしてこの胆汁酸を大腸と効率よく運ぶのが水溶性食物繊維です!

その水溶性食物繊維を多く含んでいるのがエシャレットと言われています。

greenbasketjapanさん(@g.b_japan)がシェアした投稿

食べたことがないという方も多いかもしれません。私も30代ですが去年初めて食べました!普通にスーパーで取り扱っているところも今は増えているので大手のスーパーにあると探しやすいかと思います。エシャレットは、生でも調理しても食べることができます。生で食べると少しだけ辛みを感じますが、わさびやトウガラシのような強烈な辛みはありません。

 今回番組内で便秘について説明してくださったのは横浜市立大学主任教授の中島敦です。なんとこの方日本初めての2017年便秘ガイドラインとなるものにも尽力されているそうです。
スポンサーリンク



エシャレットレシピ【エシャレット餃子】

便秘に効く胆汁酸を活発にさせる水溶性食物繊維ですが、一日に6g取らないと効果的と言われています。ですが、多く含まれいるというエシャレットでさえ一日に8本食べないと難しいと言われています。いくら美味しいとはいえ大変ですよね?そこで番組内で紹介されていなのがエシャレットを加熱して食べることです。加熱することで辛みも和らぎ量も食べることができるのでお勧めです。

【エシャレット餃子】
材料
エシャレット:50本

(以下一般的な餃子レシピと同じ)
ひき肉:200g
しゅうゆ:大さじ1
酒:大さじ1
ごま油:大さじ1
ショウガ:大さじ1
餃子の皮:適量
サラダ油:大さじ1

作り方
①エシャレットを粗目のみじん切りします。
緑の部分も入れてしまって大丈夫です。

②エシャレットとひき肉、調味料を混ぜこねていきます

③餃子の皮で包んで、蒸し焼きにします。

これなら一気に50本分も食べれますし、餃子であれば数日保存もできるのでうれしいですね!

他にも、エシャレットの素揚げ、パスタに炒めて混ぜる、ピザの上に散らす、焼きそばに混ぜるなどが紹介されていました。便秘解消に効果的な胆汁酸は、油を取ることで多く分泌されます。なので、油を使った料理方で胆汁酸を多く分泌させ、活発にさせる水溶性食物繊維のエシャレットを一緒に取ると便秘解消の最強コンビとなるので加熱して食べることが良いそうです。

感覚としては、ネギの代わりに入れるといったイメージを持つと取り入れやすいかと思います。エシャレットも生で食べても良いものなのでトッピングにしたり、混ぜたりといつもの料理に加えてみてください。

まとめ

ちなみに、エシャレットとエシャロットがあるそうなのでお間違えないようにお気を付けください。一般的なスーパーであればエシャレットしか販売されていないと思うので大丈夫だと思います。毎日違う味にして食べれるのは続けやすくて嬉しいですね!明日には、エシャレットがスーパーから売り切れちゃうかも?

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする