平野ノラが骨折した手製の滑り台とは?ツイッター『OKバブリー』と更新

バブリーなネタをし、すっぴんや結婚も話題で絶好調の平野ノラが「183村秘境旅〜こんな田舎がアルか否か!?〜」の宮崎県内のロケで尾てい骨を骨折しました。手製の滑り台でおしりから着地、尾てい骨を骨折したそうですがどんなものだったのでしょうか?平野ノラが骨折した手製の滑り台を調べてみました。

スポンサーリンク



平野ノラが骨折した手製の滑り台とは?

平野ノラが骨折したのは、宮崎県内という報道だけで詳しい場所はまだ分かっていません。「183村秘境旅〜こんな田舎がアルか否か!?〜」5月13日放送分のロケをしていた時のトラブルです。番組では秘境と言われる古き良き田舎を特集する番組です。

ふざけた感じではなく、田舎のお手伝いをしたり綺麗な風景を案内したりする番組なので決して滑り台で危険な遊びをしたわけではなさそうです。それでも、田舎の手製の滑り台なのであまり完成度は高くなかったのかもしれません。

さらに、大人が滑るものではなかったのかも?

田舎でお手製というくらいなので、木・鉄・段ボール等材料だったのかと思います。趣味程度で作られていたものであれば、角度や着地部分もそこまで計算されていないこともありますし、注意しないと着地を失敗することもありますよね。

でも、正直お手製ではなくても危険な滑り台って結構ありますよね!もう角度90度?というくらいの滑り台だったり・・・。ズボンをミスチョイスすると火傷したりすることもあるそうです。大人でも怖い怖い行っている動画もありました。

Daiki.papparaさん(@papparadaiki)がシェアした投稿

絶対に怪我するでしょ?という流れる滑り台。これは子どもはできないですね。

ミキさん(@miki.osomatusan)がシェアした投稿

いや、これはもう別の怖さ?w 子ども泣きだしそうですね。

Tam Kam Kongさん(@t103p)がシェアした投稿

とまぁこんな感じに普通の滑り台でもこんな感じに危ないものがあるのでなんとも言えないですね。こうやって公園に作られているものは一応安全をきちんと計算されているからこそ、子どももできるので、その部分でお手製というところと平野ノラの滑り方が運悪く重なってしまったのかもしれません。

また詳しくどんな滑り台か出てくると思いますのでまた更新していきます。

スポンサーリンク



平野ノラが『OKバブリー』とツイッター更新

各ニュースサイトやテレビで16時ごろ報道されると、その1時間後には平野ノラ本人のツイッターで元気な姿をツイートしいます。平野ノラらしいツイートでみんな安心したようですね。またその後には、今夜放送のたけしのニッポンのカタチの告知も合わせてしています。


平野ノラは、年齢は49歳。今回着地をおしりからしてしまい尾てい骨を骨折してしまったようですが、中々体も動きにくくなっているのかもしれませんね。

そう思うとますます出川哲朗ってすごいなって思っちゃいますが。

周囲の反応

まとめ

さすが引っ張りだこの平野ノラだけあってGWの仕事も入ってたようなのでそれを心配する声も多数上がっていますね。昔は結構危ないロケも多数されていましたが、最近では安全を意識し、行き過ぎたロケは叩かれる風潮があるので難しいところですね。

平野ノラ本人は仕事が全治一ヶ月と診断はくださられたものの仕事はこなしているようなので大丈夫でしょうか?早く良くなるといいですね。お大事になさってください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする