【ヒルナンデス】じゃがいものビタミンを損せず摂取する調理方法とは?

2018年5月28日ヒルナンデスで放送されたじゃがいのビタミンを効率よく摂取する方法をまとめました。ヒルナンデス出演、著書「その調理、9割栄養成分を捨ててます」監修・濱裕宣のが教える最新の調理方法とは?

スポンサーリンク



じゃがいもは皮も向かず切らずでビタミン栄養満点

なんとじゃがいもには、ビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンCなどが豊富で体にとても良い食材だそうです。じゃがいもにこんなにビタミンが含まれていたとは知りませんでしたが、普段やっている調理法だとその栄養を5割も無駄にしていることも・・・。

じゃがいものビタミンを無駄にしない最適な調理法は、じゃがいもの皮をむいたり切ったりして加熱する方法です。皮をむかない方が良いのはにんじんでも良く聞きますが、まさかの切ってもだめというのは驚きですよね。

なぜ、皮をむいたり切ったりするのが良くないのかというと、じゃがいもに含まれるビタミンは加熱調理しているときに水に溶けだしてしまうからだそうです。なので、なるべく皮をむかず丸ごとゆでたりすることがベストだそうです。ただ、皮つきですと見た目が悪くなることもありますので剥いても良いですが、その場合はなるべく切らず丸ごとが良いそうです。

スポンサーリンク



「その調理、9割の栄養捨ててます」濱裕宣

今回ヒルナンデスで食材のベストな保存方法調理法、切り方を教えてくださったのが管理栄養士の濱裕宣で、今話題の著書「その調理、9割の栄養捨ててます」を監修している方です。この本は、今まで常識だと思っていた調理の仕方を180度変えてくれる本としてバカ売れしています。

濱裕宣は、東京慈恵会医学大学附属病院で入院患者の700人の栄養管理をしながら、食材の栄養を最大限に生かす調理方法を研究しているすごい方です。栄養があるからと思って食べていたものが自分の調理方法が間違っていたせいで9割も損していたらもう栄養取っていないのと同じですのでぜひ知っておきたい知識です!

まとめ

今回番組では、きのこ・玉ねぎ・じゃがいも・りんごについてご紹介しています。それぞれこちらで説明していますので合わせてご覧ください!最後まで読んで頂きありがとうございました。

2018年5月28日ヒルナンデスで放送されたきのこの冷凍保存でうまみ成分をアップさせる方法が紹介されました。なぜきのこを冷凍保存するとうまみ...

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする