物忘れセルフチェック方法まとめ【ガッテン】血糖値とインスリン仲良しがポイント

5月23日放送のNHKためしてガッテンで紹介された物忘れセルフチェック方法を詳しくまとめました。物忘れって年齢だけでもなく、血糖値とインスリン関係が深く関わっていたと新たな発見も紹介されていました。ためしてガッテンで紹介された物忘れセルフチェック方法とは?

スポンサーリンク



ためしてガッテン!物忘れセフルチェック方法①

ためしてガッテンで紹介された物忘れセルフチェック方法をお伝え致します。とても簡単な方法ですのですぐできます。できれば二人一組が好ましいです。

【物忘れチェック方法】

◆準備するもの◆
時計(ストップウォッチ・タイマー)

◆行うこと◆
1分間動物の名前を声に出していってください。
※記入はしなくて良いです。
※干支は禁じ手です。

近くの方に一分間測ってもらい、言った動物をメモしてもらいましょう。同じ動物を言った場合はノーカウントです。干支は禁じ手なので使わないようにしてください。

なぜ書かずに言うようにしているのかというと、今回ガッテンで紹介された物忘れは【すっかり抜け落ちタイプ】に効果的だと言われているからです。すっかり抜け落ちタイプとは、何か作業していて「あれ今何するんだったけ?」と忘れてしまうことをいい専門用語で作業記憶といいます。その作業記憶の衰えがどの程度なのかを測る目安となるのが今回の簡単物忘れチェックです。

【結果目安】
動物を1分間に13個以上いていれば、正常でこのままの生活で問題ありません。しかし、13個以下の場合や著しく少ない場合はインスリンの働きが足りておらず危険な状態になる場合もあります。すぐに何かがあるわけではないのでご安心ください。あくまでも目安としてお考えください

今回、動物をテーマにしましたが人によって得意不得意があるかと思いますので気にしすぎず他のテーマでもやってみたり、気になる場合はお医者様に相談することが良いです。

スポンサーリンク



ためしてガッテン!物忘れセルフチェック方法②

こちらは、健康診断の血液検査で出される数値を目安にします。検査で出るのは、1ヶ月~2か月の平均の血糖値です。

◆HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)

65歳未満の場合 5.7%以上は注意 生活習慣の見直し

(65歳以上の場合 6.2%以上

また、食後2時間の血糖値を測ることもおすすめなのですが、こちらは専門の機材と使用しないとできないため近くの病院に聞いてみてください。貸出をしているところもあるそうです。

まとめ

物忘れセフルチェック方法まとめ【ガッテン】血糖値とインスリン仲良しがポイントはいかがでしょうか?物忘れだけだと思っていたらそれが認知症の初期段階だったということもあります。改善すれば良くなることもあるそうなので、まずはチェックをして自分の体を知りましょう!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする