新潟小2電車事件、空白の7時間に何があったのか?疑問が次々に浮上

新潟県小2女児が線路に放置され電車にはねられた事件で空白の7時間に注目が集まっています。犯人が小2女児を放置した場所は自宅から数百mしか離れていないのです。また警察が100人態勢で捜索していたのに7時間後線路に放置できた理由など疑問は深まるばかり・・。新潟小2女児が巻き込まれた電車の事件について最新情報含めてまとめました。

スポンサーリンク




新潟小2電車で事件、空白の7時間に疑問

空白の7時間とは、大桃珠生さんが学校から友達と帰宅し踏切で目撃され、家族が警察に通報した4時頃から10時半に線路で発見されるまでの時間です。実際大桃珠生さんが亡くなった時刻は、発見された10時半より数時間前だったと司法解剖で判明されています。

家族が警察に通報した4時頃から、100人体制で大桃珠生さんの捜索が行われていました。しかし、大桃珠生さんが発見された線路は自宅から数百メートルしか離れていない場所です。周辺にも警察が大勢いたはずなのになぜその場所を選んだのでしょうか。警察は見逃したのではないかという意見もありますが、誘拐をかもしれないと想定した警察は犯人に気づかれないよう自宅周辺は捜索しないことがあるそうです。理由は、誘拐の場合自宅周辺で見張っていることもあるからだそうです。

実際にTVで報道されたのは大桃珠生さんが線路内で発見されてからです。新潟市のローカル番組ではもしかしたらいなくなった時点で報道されていた可能性も考えられますが、誘拐をも視野に入れていた警察にとっては報道は控えるためされていなかったと予測されます。誘拐かもしれないと判断されていたという情報は、小学校の校長が9時頃に大桃珠生さんの自宅へ訪問した際に警察官が4名ほどいて両親の携帯に器具を付けていたという情報から考えられます。

実際に亡くなったのが発見される数時間前ということは、車等で連れ去った可能性が考えられます。またもう一方の予想は、今回の事件現場近くに住んでいたという可能性も考えられます。どちらにせよ大桃珠生さんを連れ去ったあとに行った犯行となれば、なぜ7時間後警察もいるかもしれないその場所に戻ってきたのか?という疑問が出てきます。

この疑問に関しては、「事故に見せかけたかったのでは」という意見が多数あがっています。そうすると犯人は大桃珠生さんの自宅を知っていた可能性も考えられます。自宅近くでなければ事故に見せかけることは難しくなりますから。次々に出てくる不審者についても今回の事件現場付近で何度も見かけられています。

犯人は近くに住んでいるのでしょうか。新潟市内と入っても人通りも少なく寂しい通りになっています。都内と違って防犯カメラも少なく空白の7時間の足取りを追うのも簡単なことではないと思われます。一刻も早く犯人が捕まってほしいという想いです。

スポンサーリンク




不審者が次々と浮上

今回事件が起きた新潟県新潟市西区付近を含め、昨年から不審者が情報が相次いでいたという情報が出てきました。女児、男児に関わらず「腕を掴まれた」「おいかけられた」「声をかけられた」「肩をさわれた」という事案が多発していました。こちらは新潟県警から注意喚起されていた内容の一部です。

小学生の女子児童が一人で帰宅途中、突然、見知らぬ男に、「名前教えて、生年月日教えて」と声をかけられ、男が立ち去る事案が発生しました。

[行為者の特徴]
年齢20代〜30代くらい、体格やせ型、短髪、グレーのジャンパー、グレーのズボン着用、白色のカバン所持

2018年4月26日

他にも事件のあった小針駅周辺の踏切で黒ずくめの不審な男性が数か月ごとに目撃されていたことも分かりました。いつも帽子を深く被っており顔を確認することはできなかったそうです。この男が関係しているのでしょうか。

そして、9日になって大桃珠生さんが事件の当日に不審な男性に追いかけられたと友達に証言していたことが分かりました。この内容は大桃珠生さんの事件が起き、おじさんと証言していますが、小学2年生からすれば怖い印象だったのでサングラスをかけていればおじさんに思えたのかもしれませんし詳しい年齢はわかっていません。

黒い服を着て、サングラスをかけたおじさんにおいかけられた

こんなにも相次いでいた不審情報に対して対応をしていなかったのかという意見もありますが、学校側はいつもお知らせメールで案内をしていたようです。もし、大桃珠生さんが朝追いかけられたことを先生に話していたら状況は変わっていたのかもしれないと思うと悔しくてたまりません。

大桃珠生さんは、前に出るよなタイプではなく明るくも静かで優しい子だったそうです。不審が多発していたせいで珍しくなかったと考えるとそこで先生の耳に届くまで話が盛り上がることも難しいかもしれません。それに7日といえばゴールデンウィーク明けです。久しぶりに会った友達と話したいことは山ほどありますよね

まとめ

一般的に温かくなる4,5,6月は不審者が増えると言われています。今回の悲しい事件も、昨年から相次いでいた不審者情報もその期間に集中していました。大桃珠生さんにはデザイナーになりたいという夢があったそうです。他にも友達との運動会もあったり、遠足もあったりと楽しいことが待っていたはずなのに犯人はなんてことをしてくれたのでしょうか。一刻も早く犯人が捕まってほしいと願うばかりです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする