子どもととの関わり方 ”怒る”と”叱る”違いを知ろう

教科書や先生に教えてもらっただけではわかりにくいことの一つが今日のテーマだと思います。子どもとの関わりの中で、私自身も悩みました。”怒る”と”叱る”の違い。後輩からも良く相談を受ける内容でもありました。また、悩んでいる保護者の方も多いと思います。

”怒る”と”叱る”について自分はどうだったかなと思いだしながら聞いてみてください。

【怒ると叱るの違いとは】

怒るとは、感情的に相手に怒りを爆発させることです。
叱るとは、何がだめだったのかを伝えより良い方法を教えることをいいます。

言葉の意味を知ると違いが分かりやすいですね。怒っているだけでは、子どもは何がだめだったのか?なぜ注意されているのか?全くわかりません。なので、また同じことを繰り返します。保育士は、”怒る”はしてはいけません。子どもが今起こっていることが理解出来ないような怒り方をしてしまえば、成長にも繋がらないですし、メンタルも傷つけてしまいます。

まずは、自分の中で怒ると叱るの違いを知って理解するといいです。保育士になりたての頃は、自分もよくわからず怒ってしまうことが多々あります。そのことで子どもが離れていき、怒ること自体が嫌になってきて、叱ることのできない保育士になってしまいます。良いこと・悪いことを教えてくれないと子どもの怪我につながることもあります。怖がらず、何がだめだのかを考えてみてください。

【今・明確に・引きずらない】

怒らずに叱るようにするためには、『今・明確に・引きずらない』を意識すると出来ます。

例)友達のおもちゃをいきなり取ってしまった

<今>今起こっていることだけを叱ります
おもちゃをいきなり取ってはだめだよ

<明確に>なぜ?それをしてはいけないのかを伝えます
いきなり取られたらビックリしちゃうね。自分も取られたらどうかな?

<引きずらない>
いつも取っている・前もやった・いつまでも言うことをしない

これが叱ることです。怒ると違ってあなたの感情が入っていないのがわかるかと思います。子どもたちは、きちんと話せば理解してくれます。また、知らないことがたくさんあるんです。なので、いきなり怒られてもわけがわかりません。なぜだめなのか?どうしていけないのか?をきちんと伝えてあげましょう。

怒ると叱るどうでしたか?自分はどうだったかな?と考えてみてください。また、もし間違って怒ってしまったときは、素直に謝りましょう。間違ったことは、ごめんね素直になることも信頼関係を築く上で大切なことです。保育をしている中で必ず悩んでくることだと思います。その時に一度立ち止まって、自分はきちんと叱れているか?と考え直す時間を作ってみてください。

sachie

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする