【ソレダメ】ブロッコリー洗い方の新常識!正しい洗い方で引くほど汚れが取れる

5月30日放送のソレダメあなたの常識は非常識でブロッコリーの正しい洗い方が紹介されました。ブロッコリーは正しく洗わないとゴミや虫が取れずに一緒に食べてしまっているかも?ソレダメで紹介された野菜のプロが教えるブロッコリーの正しい洗い方新常識をまとめました。

スポンサーリンク



ブロッコリーの正しい洗い方

【必要な物】
ポリ袋:一枚
サイズが大きめのもが良いです。結構汚れが取れるので使い捨てで考えた方が良いと思います。

【洗い方】
①ブロッコリーを食べやすい大きさに分ける

②ポリ袋ブロッコリーを入れて水を入れます
ブロッコリーがしっかり浸ることがポイントなので大きめの袋がおすすめです。

③袋の入り口を縛り、20分間置きます。

④20分後にそのまま袋をフリフリしてさらに汚れを落とします。
つけ置きをすることで蕾が開きゴミが取れやすくなるのでフルことでさらに汚れを取り除くことができます。

⑤袋から取り出し、さっと水洗いをすればOKです。

大体20分ほどで終わりますので、下ごしらえの一つと考えてやると良いかなと思います。

スポンサーリンク



ブロッコリーはなぜ汚れがたまりやすいのか?

なぜここまで汚れがたまってしまうかというと、ブロッコリーは木のようにモサモサの部分を上に向いて生えています。また、ブロッコリーは蕾の密度が高く(食べる緑のところ)上から降ってくるゴミや虫が入りやすく取れにくくなっています。

そのため、多くの人が行っている水道でジャーと流すだけではほとんどゴミや虫が取れていない状態になるのです。これ、結構衝撃で番組で実際に洗ったのをみたときは正直引きました。こんなにゴミがあるの?と泣きそうになりました笑

少し手間はかかりますが、一度やるとやらずにいられなくなると思いますのでぜひ一度試してみてください!ギャーとなると思います。

まとめ

ブロッコリーってそこまで汚くないのかと思っていたのでかなり驚きました。意外と野菜の洗い方って知らないのでびっくりしました。一回やるとやらずにいられなくなるので食べるときは必ずやりたいと思います。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする