梅雨時期のお米の正しい保存方法とは?【ヒルナンデス】お米マイスター西島豊造直伝!

ヒルナンデス
スポンサーリンク

6月11日ヒルナンデスで紹介されたお米マイスター西島豊造直伝!お米の正しい保存方法をまとめました。梅雨の時期はお米が劣化するお米にとって大変な時期になりますので正しい保存方法で長い期間美味しく食べれるようにしましょう!

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク

なぜ、梅雨の時期にお米が劣化するのか?

 

お米の劣化を早めて美味しくない状態にしてしまう一番の原因が温度差が関係しています。その温度差を特に感じてしまうのがエアコンを付けたり消したりが増える梅雨の時期からになります。この時期に正しい方法で保存しないと、劣化するだけではなく虫がわく原因ともなってしまいます。

 

ですが、正しい保存方法でお米を保管すれば、基本賞味期限のないお米はいつまでも美味しく食べることができます。安い時にたくさん買ったけど、たくさんもらったけどどうしようと悩むことがなくなるので安心ですね!お米が高いですがか、正しい保存方法でいつまでも美味しく、無駄もないと一石二鳥です!

スポンサーリンク



 

お米の正しい保存方法

保存方法を2つご紹介していきます。すぐに食べるものと長期保存でもOKな方法をご紹介します。

 

【保存方法①】
ジップロックのような保存袋にいれて野菜室に保存

1合ずつなどご家庭に合わせて保存すると使いやすいです。

 

 

【保存方法②】
◆用意するもの
玄米キーパー

 

 

玄米キーパーとは、お米販売店やホームセンターでも取り扱いが増えてきている圧縮袋のようなお米専用の保存袋です。玄米だけではなく白米でも保存することができますので精米してしまったお米やスーパーで購入したお米でも保存することができます!

 

◆やり方
①お米を袋ごと玄米キーパーの中に入れます。
お米は袋から出さずにそのまま玄米キーパーの中に入れるようにしましょう。

②入口をしっかりしめ、掃除機で空気を抜きます

③キャップを閉めたら完成です。

 

この状態になれば直射日光だけ避けて押し入れや、キッチン、床下収納でも保存しておくことができます。床に保存する場合には、すのこを敷いた上にお米を置くとさらに良いのでお試しください。

 

まとめ

お米の正しい保存方法はいかがでしょうか?以外と簡単にしまうことができ、長期保存も可能となると嬉しいですね。決して安くはないお米をいつまでも美味しく保存できる方法ぜひお試しください!