体脂肪を減らすわかめの効果をヒルナンデスで紹介!美肌やむくみも改善できる食べ方とは?

こんにちは。さっちです。

19日放送のお昼の番組【ヒルナンデス】で紹介されたわかめで体脂肪が減る可能性があるという紹介がありました!何となく健康に良さそうなわかめで食べていた人も多いのではないでしょうか。なんと美肌やむくみ改善に良いと栄養素満点の最強食材!体脂肪を減らすための効果の出やすいわかめの食べ方や量など詳しくお伝えします。

スポンサーリンク



体脂肪を減らすわかめの効果とは?

今回ヒルナンデスで紹介されていたのは乾燥カットわかめです。お手頃で大容量のモノが多いので家計にも嬉しい内容ですが本当に体脂肪を減らす効果はあるのでしょうか?

ヒルナンデスで紹介されていたのは、2018年3月に発表された最新の実験結果で、一日20代~50代の女性21人に乾燥カットわかめを1日4g2週間食べ続けてもらったところ、被験者の約80%(17名)の腸内でビフィズス菌の割合が増加したそうです。

ビフィズス菌が増えるとなぜ身体良いのかというと、ビフィズス菌のおかげて腸内環境が整い結果体脂が付きにくくなる可能性があるということがあるそうです。今回の実験では、痩せるという目的で行われた実験ではないためそこまでのデータはありませんが何かと話題のビフィズス菌なのでその名前を聞いただけでも『えっ!わかめでビフィズス菌が増えるの?』と思った方は多いのではないでしょうか。ここで注意点がわかめ自体にビフィズス菌があるわけではありません。わかめの豊富な食物繊維が餌になりビフィズス菌が増えたという結果です。

さらに、他にも身体に良い栄養パワーがたくさん!カリウム・ヨウ素・ビタミンK・アルギン酸・フコイダンといった聞きなれないものもありますが、効果としては高血圧予防や基礎代謝アップ、骨粗しょう症予防、動脈硬化予防、ピロリ菌抑制ともういいこと尽くし!わかめのパワーに驚きですね。

1日に食べていい量とタイミングは?

わかめの効果を最大限に生かすことのできる食べるタイミングやレシピをご紹介します。

▼1日に食べていい量
乾燥カットわかめを25g以下

▼食べるタイミング
食べ始め(満足感を早く感じ脂肪の吸収をゆるやかにしてくれます)

どんなものでも食べすぎは逆に体に悪いこもありますので注意しましょう。何事も続けることが大切です!食べすぎると甲状腺の調子が悪くなることもあるそうなので、元々悪い方や食べ過ぎには十分注意してください。乾燥カットわかめは少量でも驚くほど増えますので入れすぎに気を付けてください 笑

スポンサーリンク



美肌とむくみに効くおすすめの食べ合わせは?

おすすめする食べ合わせは、美肌を気にする方ならわかめと納豆です。どちらも手入りやすく毎日食べやすいのが嬉しいですね。わかめのフコクキサンチンというのがコラーゲンの分解を防いでくれシミ予防につながり、納豆のレシチン・イソフラボンが肌荒れ予防をしてくれます。

むくみが気になる方には、わかめと切り干し大根です!かなり意外でしたが、両方に含まれるカリウムが体内の余分な塩分や水分を排出してくれる効果があるそうです。どちらも乾物なので日持ちするところも嬉しいポイントですね。

まとめ

わかめの意外な嬉しい効果いかがでしょうか?夏までにダイエットしなくちゃーなんて思っている方も多数いると思います。ダイエットのときの食べ物だったり、便秘ってほんとう辛いのでこれで腸内環境が整えられるなら嬉しい限りですよね。

気になった方はぜひお試しください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする